相続がある借地権

借地権の特徴としては、先ほどのページで挙げたような種類の違いがありそれらによってどのような契約がなされて、どのようにそれが満了するのか、という点で違いがあります。それに、それが旧借地法で契約されたものなのか、または改正された法律時点で契約されたものなのか、という点で異なっています。借地権には、もう一つ考えたい点として、『相続』があるという点があります。

借地権は、契約者(借り主)が何らかの理由で亡くなった場合に、親族に借地権が相続されることがあります。基本的に、この借地権の相続に関しては、『相続先』に関してほとんど難しい手続きは必要ありません。また、土地所有者側が相続に対して異議を唱えて解約を一方的に行うということもできません。ただし、その相続する先によっては土地所有者(貸した側)の認可が必要になることもあります。

これらの借地権の相続に関する点で、トラブルになることがあります。新たな相続人と、土地所有者(地主)の間で、更新料などの関係でトラブルが起こることもあります。そういった場合、全てを一人で対応しようとせずに、弁護士や、専門知識のある業者に相談することによって、話をスムーズに進めたり、解決に向かうことができるのでそうした方が賢明です。

参考HP-借地権の相続について-ピタットハウス【借地権 無料相談ドットコム】